前へ
次へ

学習塾3つ種類と特徴や内容

学習塾は目的により選ぶ種類が変わります。
一般入試の受験対策向けなら進学塾で、受験対策と学校フォローを進学コースとして学ぶなら総合塾です。
そして学校学習のフォロー向けだけなら補習塾となります。
そのため一般入試に対しては綿密なカリキュラムで構成されている、進学塾と総合塾の進学コースが良いでしょう。
また推薦入試を希望している場合は、定期テスト対策にも順応しれくれる総合塾です。
補習塾は学校の授業をフォローする塾なので、部活動や習い事などを勉強以外に励んでいる生徒に適していると言えるでしょう。
学習塾は規模と授業形式が選ぶときの判断材料になります。
大手塾は全国的な規模で学習塾を展開しています。
これに対して中小塾は地域密着型指導です。
また授業形式で集団指導塾は沢山の仲間と競争を交えながら学びます。
個別指導塾は生徒1人ひとりが自分のペースで学ぶことが可能です。
大手塾のメリットは講師の指導力の高さや、有名校に沢山の合格者を出した実績です。
これに対して中小塾のメリットは地域の学校対策が、しっかりしていることと丁寧なサポートを1人ひとりに施すことです。

Page Top