前へ
次へ

学習塾の分類とメリット・デメリット

学習塾の指導の種類を大きく分けると、生徒が30人程度の集団指導塾、マンツーマン指導や生徒が2・3人程度の個別指導塾、動画などで指導を受ける映像指導塾に分けられます。
さらに授業の内容や目的によって分けると、受験対策がメインの進学塾、受験対策と学校の授業の対策を行う総合塾、学校の授業の対策がメインの塾の3種類があります。
それぞれの学習塾のメリットとデメリットを比較すると、集団塾は大人数の生徒に対し講師が少人数で指導することができるため、比較的授業料が安い傾向があります。
一番のメリットは生徒同士の競争することにより全体の士気が上がり、成果につながってくる点です。
ただし、集団だと個人の学力やスケジュールを個人のペースに合わすことが難しくなってしまいます。
反対に個別指導塾は、個人のペースに合わせて指導するため、個人の学力に合わせた指導ができ、忙しい生徒でもスケジュールが合わせやすいです。
その分コストがかかるため、集団指導より費用が高い傾向があります。
映像指導塾のメリットは通塾の必要がなく、個人指導塾と同じく個人の学力やスケジュールに合わすことができる点ですが、実際に講師と対面しているわけではないため、緊張感や集中力を持続するのが難しいため、環境を整える必要があります。

Page Top